お金を借りる

お金を借りるなら│銀行ローン申し込み審査活用ガイド

何をするにもお金が掛かる世の中です。どうしてもまとまったお金が必要になる局面は、必ず出てきます。自分の財力だけでは対応できないこともあるはずです。そんな時には、やはり銀行の融資を利用したいものです。

 

消費者金融でも、もちろんお金を借りることはできます。速くお金が手に入ることは、確かに魅力的ですね。しかし、金利が高いことは誰もが知っている事実です。
消費者金融の金利水準の平均が5%〜18%程度なのに対し、銀行のカードローンの金利水準の平均が3%から15%程度なのです。

 

利息の金額を具体的に考えてみると、さらにその差がわかるでしょう。
例えば、10万円を1ヶ月借りたとします。金利が14%の場合、返済時の利息は1,150円です。

 

それに対し、18%の場合では、1,479円となり、その差は300円以上となります。
これが1ヶ月でなく、1年間借りた場合には、4,000円近くの差となるのです。

 

お金を借りたはいいが、やっぱり返せないのでは困ります。少しでも金利が安い方が、返済時の負担は軽くて済みます。
お金を借りる時は一瞬ですが、返済には何年も掛かります。ですから、金利の安い銀行のローンを利用した方がよいということがいえるのです。

 

 

このように、金利の安い銀行のメリットとしては、もう一つあげることができます。
それは、高額の利用限度額の設定が可能であるということです。

 

2006年に制定された、総量規制という法律により、個人の借入総額は、年収の3分の1以内に収めなければならないという規定ができました。
これによって、消費者金融やクレジットカードの信販会社は、その利用限度額に大きな制限が加えられるようになってしまいました。ですから、お金を借りたくても、思うように借りることができずに苦しい生活を強いられる羽目になった人々が増えていました。

 

そんな中、この法律の抜け道とも言える、銀行のカードローンが人気を集めたのです。
消費者金融と同じような融資方法で、しかも利用限度額に年収の制限がない銀行のカードローンにおいては、比較的簡単に利用限度額の引き上げが可能です。
銀行のカードローンの中には、800万から1000万円の利用限度額の設定が可能なものもあり、人気となっています。

 

 

金利が安くて、しかも多額の融資が受けられるとなれば、誰でも銀行の融資を受けたいと思うでしょう。
しかし、銀行の融資にもデメリットがあります。

 

それは、審査には時間が掛かり、通過も難しいということです。
高額の融資を低金利で行うためには、それなりにきっちりした審査が必要なのです。従って、審査には時間が掛かり、通過も容易ではないということになるのです。

 

銀行の融資には色々ありますが、ここでは、多くの人が利用している住宅ローンを例にあげてみましょう。
住宅ローンの審査では、どのようなことを調査したいのでしょうか。

 

その審査項目としては、大きく分けて3つのことについて審査されるといわれています。
1つ目は個人の属性についてです。

 

2つ目が計画の妥当性について。
そして3つ目が担保の妥当性です。

 

個人の属性については、住宅ローン審査の場合、申込人の返済能力や、勤務先、勤続年数、そして、年収などが調査されます。
この属性を見ることで申込人の返済の可能性を判断するのです。

 

ここでは、まず、個人信用情報を照会します。これによって他の金融機関での延滞があったりしないかや、破産の記録などを確認して、申込人の「信用」を確認します。
他の借入があるからといって、一概に審査に通過しないわけではなく、その借入先や金額、借入理由によるといわれています。

 

しかし、消費者金融の借入が現在もある場合には印象はよくないようです。
中には、それのみが理由で、審査に通過しないこともあります。

 

そして、勤務先や金属年数、そして、所得も確認されます。
個人の所得だけでなく、アパート収入などの、その他の収入があったり、家族の年収なども合算して計算されます。

 

計画の妥当性とは、簡単に言うと、住宅取得計画が申込人に適しているかどうかを見極めることをいいます。
具体的には、その物件のグレードと返済負担率が申込人に適しているかを見ていきます。

 

「返済負担率」とは、収入に占める住宅ローンの返済額の割合のことです。
その計算方法としては、返済負担率=年間返済額÷年収 となります。

 

返済負担率は各金融機関によって条件が異なりますが、一般的な例をあげると以下の通りとなっています。
年収300万円未満なら、返済負担率は 25%以内。
年収400万円未満なら、返済負担率は 30%以内。
年収が400万円以上なら、35%以内となっています。

 

しかし、ローンを組む時点では返済負担率をクリアしていても将来、家計が破綻してしまうこともあり得ます。ですから、安心して老後の生活を送るためには、返済負担率を20%以内に収めることができるのが理想ではないでしょうか。

 

そして、最後に担保の妥当性ついてです。
住宅ローンを組む場合には、多くの場合、その住宅を担保として抵当権を設定します。もし、万が一、住宅ローンの返済ができなくなった場合には、金融機関が担保物件を売却して住宅ローンの返済に充てる仕組みになっています。

 

ですから、その物件に貸したお金分の価値があるかどうかを確認するのです。
以上が、簡単な住宅ローンの審査基準です。

 

銀行のローンには、住宅ローンのように、使用用途が限定されているものが主流ですが、そうでないものもあります。
それは、フリーローンとカードローンです。

 

フリーローンは銀行によっては「多目的ローン」などと呼ばれていることもあるかもしれません。
その名の通り、使用用途に限定がなく、融資されたお金の使い道は自由です。ですから、海外旅行や留学、また高額な買い物の資金にもなり、重宝されています。
この2つは、使用用途が自由という点では同じですが、融資方法は異なります。

 

フリーローンは、契約時に決定された金額を一括で指定口座に振り込むことになっています。基本的に分割で融資金が支払われることはありません。また、それ以後の追加の融資もありません。
もし、まだ融資金が必要な場合には、再度、最初の申込からやり直しになります。
融資金を受け取ったら後は、返済を繰り返すのみです。これが、フリーローンです。

 

それに対して、カードローンは違います。

 

ローンカードというものを利用し、ATMを通して、お金を借りる側から、引き出したい金額を指定して融資金を引き出します。契約時に決められた利用限度額内であれば、何度でもお金を引き出すことができます。しかし、借入総額が限度額に達すると、それ以上の借入は一旦できなくなります。が、返済をすれば、またその分の借入はできるようになります。
これがカードローンの仕組みです。

 

 

以上のように、銀行のローンには様々なサービスがあり、お金を借りるなら、やはり銀行から借りたいものですね。
しかし、いくら、金利が安いとはいっても、借金は借金です。長い人生ですから、これから先、何が起こるかわかりません。ですから、万が一のことも考えて、余裕のある返済プランを立てることをおすすめします。